1000万円でショートフィルムをつくりませんか? 「講談社シネマクリエイターズラボ」が8月1日より応募受付開始!

「1000万円さしあげますから、ショートフィルムをつくりませんか?」
映像製作の打ち合わせから資金・宣伝面まで講談社が完全バックアップ!
国際映画祭での受賞を本気で目指す壮大なプロジェクトです!
「1000万円さしあげますから、ショートフィルムをつくりませんか?」
プロジェクト発表から数多くのお問い合わせをいただいている「講談社シネマクリエイターズラボ」が8月1日より応募受付を開始しました!

講談社が新たな映像クリエイターの才能発掘と支援を目的に、ショートフィルム企画を世界公募します。
米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭‟ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)″協力のプロジェクト。

受賞されたクリエイターの方を、映像製作の打ち合わせから資金・宣伝面まで、講談社の担当編集者が完全バックアップします!
国際映画祭での受賞を本気で目指してみませんか?

実写・CG・アニメーションなど、形式&ジャンルは不問。
企画書(絵コンテ・脚本など)と経歴書をお送りいただくだけで応募完了!

書類審査と面談を経て最優秀企画に選定された3名のクリエイターに、映像の製作資金や生活費として1000万円をお支払いします。

個人、法人、任意団体いずれもご応募いただけますので、
監督のみならず、プロデューサー、アニメーター、CGクリエイター、製作会社単位でのご応募も大歓迎。
俳優の方がご自身の出演を想定した企画も、もちろんOKです!

応募締め切りは11月30日。
たくさんのご応募、お待ちしております!

詳しい情報はシネマクリエイターズラボ公式サイトをご確認ください。

【応募方法】
講談社シネマクリエイターズラボ第1期メンバー応募フォームからご応募ください。
期間:2022年8月1日(月) 14時00分 ~ 2022年11月30日(水) 23時59分
※英語版の募集ページ(日本国外からの応募受付)は9月1日(土)の開始を予定しています。

シネマクリエイターズラボ公式サイト:https://www.shortshorts.org/kccl/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました