劇団四季『キャッツ』、名古屋公演スタート!夏休み期間の8月にもまだ残席あり!

名古屋公演初日 カーテンコールの様子名古屋公演初日 カーテンコールの様子

劇団四季『キャッツ』名古屋公演が、7/18(月・祝)にいよいよ開幕した。
なんと名古屋で21年ぶりの上演となる『キャッツ』。ファンも待ちに待ったことだろう。

会場内に入ると、猫の目線から見た都会のゴミ捨て場が広がる。
舞台上だけではなく、客席にまでゴミのオブジェが設置されていて、なかには名古屋ならではのご当地ゴミもあり、manacaという現代ならではのゴミも!

ご当地ゴミのオブジェ(manaca)ご当地ゴミのオブジェ(manaca)

沸き立つ気持ちのなか、アナウンスがかかりいよいよ開演。
客席にも猫が現れ、暗闇の中で光る眼が揺れ動く。
ワクワクが最高潮になった頃に、24匹の猫たちがステージ上に集まった。

次から次へと、多彩な見た目の猫たちが、個性豊かなキャラクターを披露していき、誇り高く自由な猫たちの生きざまをみせつける。
そして、思わず口ずさんでしまいそうなナンバーと、猫らしいしなやかなダンスに惹きこまれていく。

劇団四季『キャッツ』より 撮影:堀 勝志古劇団四季『キャッツ』より 撮影:堀 勝志古

終盤、娼婦猫であるグリザベラが歌う、『キャッツ』の名ナンバー「メモリー」は大きな見どころのひとつだ。
思い出を辿り、新たな明日への希望を感じるそのナンバーは、聴く人の胸を強く響かせる。

劇団四季『キャッツ』より、グリザベラ 撮影:堀 勝志古劇団四季『キャッツ』より、グリザベラ 撮影:堀 勝志古

『キャッツ』には主役がいない。
個性豊かな猫たちが、それぞれの人生を歌とダンスでみせていく。
だからこそ、観る人それぞれが、自らの心情に沿って舞台を感じる。
可愛い猫たちを愛でる人、カラフルなダンスを楽しむ人、猫の生きざまに胸を打たれる人、十人十色の楽しみ方があるのが『キャッツ』の舞台だ。

大きな拍手に包まれて初日は終了。
これから名古屋にて続くロングラン公演で、ぜひ自分なりの『キャッツ』を楽しんでほしい。

名古屋公演初日 カーテンコールの様子名古屋公演初日 カーテンコールの様子

そして、8月5日(金)にぴあ創業50周年記念公演として開催予定。
実は、劇団四季『キャッツ』とぴあには少なからぬ縁がある。
『キャッツ』を日本で初めて公演した1983年、ロングラン公演を実施するため、当時開発中だったぴあのオンラインチケット販売サービスを使用したのだ。

ご当地ゴミのオブジェ(雑誌「ぴあ」)ご当地ゴミのオブジェ(雑誌「ぴあ」)

 

ちなみに会場には、『キャッツ』が初めて名古屋公演を行った1988年11月に発刊された情報誌「ぴあ」というレアなゴミのオブジェもある。
来場した際はどこにあるかぜひとも探してみてほしい。

8月5日(金)公演のチケットは絶賛発売中!

ぴあをご存じの方はもちろん、ぴあをあまり知らない方もぜひご来場いただき、劇団四季『キャッツ』を楽しんでほしい。

 

<公演情報>
劇団四季『キャッツ』名古屋公演

期間:7月18日(月・祝) ~ロングラン上演
会場:名古屋四季劇場

【チケット料金】
S1席:9,900円~12,100円
S席大人:9,900円~12,100円
S席子ども:4,950円~6,050円
A1席大人:8,250円~9,350円
A1席子ども:4,125円~4,675円
A2席大人:8,250円~9,350円
A2席子ども:4,125円~4,675円
B席:6,050円~7,150円
C席:2,750円~3,850円
※公演当日3歳以上有料、2歳以下入場不可。子どもは公演当日3歳~小学校6年生以下対象。
※公演日程により料金が異なります。

チケットはこちら:
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2205961

■ぴあ創業50周年記念公演
日時:8月5日(金) 13:30 開演(12:45 開場)

チケットはこちら:
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2211661

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました