ルートイングループが学校招待事業「こころの劇場」長野県協賛の契約を締結

ルートイングループが、学校招待事業「こころの劇場」(主催:劇団四季・一般財団法人舞台芸術センター 後援:文化庁)長野県協賛の契約を締結しました。この活動を通し未来を担う⼦どもたちが⼼⾝ともにすこやかに成⻑し、夢に向かってはばたいていけるよう願っています。
総合ホテルチェーン「ルートインホテルズ」を運営するルートインジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役永⼭ 泰樹)は、劇団四季(所在地:神奈川県横浜市⻘葉区、代表取締役社⻑:吉⽥ 智誉樹)と社会貢献活動「こころの劇場」長野県協賛の契約を締結しました。

「こころの劇場」(主催: 劇団四季・⼀般財団法⼈舞台芸術センター、後援:⽂化庁)は⽇本全国の⼦どもたちに演劇の感動を届けるプロジェクト。⼦どもたちの⼼に、「⽣命の⼤切さ」、「⼈を思いやる⼼」、「信じあう喜び」など、⽣きていく上で⼤切なことを、舞台を通じて語りかける活動です。2008年より⽇本全国で実施されており、毎年、約180都市で、約400回の招待公演を⾏っています。2022年度は、残念ながら新型コロナウイルス感染症対策のため⼦どもたちの劇場への招待公演は中⽌し、動画配信版としてお届けします。

2019年「こころの劇場」観劇の様子2019年「こころの劇場」観劇の様子

 

 

 

ルートイングループでは、この活動主旨に賛同し、活動⽀援として創業の地であります⻑野県公演への協賛契約を締結しました。未来を担う⼦どもたちが⼼⾝ともにすこやかに成⻑し、夢に向かってはばたいていけるよう願っています。
本年度の上演作品は、劇団四季ファミリーミュージカル『人間になりたがった猫』です。

ルートインホテルズ公式サイト
https://route-inn.co.jp/

劇団四季『こころの劇場』
https://www.butaigeijutsu.or.jp/activity/kokoro/

 

2021年「こころの劇場」動画配信版 視聴の様⼦2021年「こころの劇場」動画配信版 視聴の様⼦

■ ファミリーミュージカル『⼈間になりたがった猫』とは
『⼈間になりたがった猫』は、⽶児童文学作家ロイド・アリグザンダーの同名⼩説を舞台化したもの。望み叶い、⼈間になった猫ライオネルと、町の⼈たちとの触れ合いを描いた物語です。1979年にニッセイ名作劇場第16回公演として初演され、四季のファミリーミュージカルの中では最多となる約2,000回の公演回数を誇る人気作です。1964年の『はだかの王様』から始まった劇団四季ファミリーミュージカル。以来、半世紀を超えて「⽣きていくうえで⼤切なこと」をメッセージに織り 込んだ作品を次々と上演し、そのレパートリーは計30作以上に及びます。 未来を⽣きる⼦どもたちに、舞台の感動をー。

「こころの劇場」チラシ表紙「こころの劇場」チラシ表紙

■ルートイングループ サステナビリティの取り組みについて
併せて、この度「ルートイングループ サステナビリティの取り組み」のページを公開いたしました。
私たちルートイングループは、日本全国・海外に360以上のホテル・施設を展開し、ホテル開発、運営、飲食、高齢者・児童福祉などの事業に携わっております。
「独自の道を開拓し、社会に貢献し必要とされる企業を目指す」という企業理念に基づき、広いチェーンネットワークを持つグループ企業として、またそれぞれが所在する地域社会の一員として、事業活動を通じて社会の活性化に貢献するとともに、さまざまな問題に働きかけ、今をより良く、そして未来をより豊かにしていきたいと考えています。
「これまでも、これからも、みんなを笑顔に」をスローガンに、あらゆるステークホルダーが笑顔の輪でつながる社会を目指します。

ルートイングループ サステナビリティの取り組みルートイングループ サステナビリティの取り組み

SDGsへの取り組み | ルートインホテルズ
ルートイングループのSDGsへの取り組みをご紹&#20...

ルートインホテルズは今後も、よりよいサービスを追求し幅広いニーズに応えるとともに、企業活動を通じた社会貢献に取り組んでまいります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました