京都国際マンガミュージアムにて「女子高生と魔法のノート」アニメ上映会を実施!

株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、2022年7月31日(日)に京都国際マンガミュージアムにて京都市と連携し「女子高生と魔法のノート」のアニメ上映会を実施いたしました。

株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、2022年7月31日(日)に京都国際マンガミュージアムにて、京都市とアニメ制作会社 特定非営利活動法人LEGIKA(所在地:東京都品川区)、株式会社ノーヴォ(所在地:東京都中野区)と共に、「女子高生と魔法のノート」のアニメ上映会を行いました。

 

アニメ上映会 舞台挨拶メンバーアニメ上映会 舞台挨拶メンバー

今回のアニメ化は、2020年7月に発売した『女子高生と魔法のノート』(著者:株式会社わかさ生活取締役社長 角谷建耀知)を原作にしています。
本作品は京都市を舞台とし、地元自治体・京都市と共に京都ならではの魅力的なスポットを舞台とした写実的な作品展開になっています。
アニメ完成披露上映会では司会進行をKBS京都の海平アナウンサーに実施いただき、アニメの完成披露だけでなく本作にて声優を務める結月役の朝日奈丸佳、ブルブルくん役の松田颯水、監督の瀬田光穂、CGプロデューサーの宮本佳、作曲家の中橋孝晃によるトークショーや原作者による舞台挨拶なども実施しました。

 

原作者 角谷建耀知と門川市長による舞台挨拶原作者 角谷建耀知と門川市長による舞台挨拶

声優陣や監督たちによるトークショー声優陣や監督たちによるトークショー

◆作品概要とストーリー

本作品には、物語の主人公である高校2年生の結月と、ブルーベリーの妖精・ブルブルくんが登場します。ブルブルくんは、関西弁を話すユーモラスな存在ながら、結月に重要なメッセージを伝える役割を果たします。
物語は、結月が所属するダンス部で1年生と3年生が衝突するところから始まります。悩んでいる結月の前に、ブルブルくんが登場し、話は急展開。結月はブルブルくんから様々な教えを受け、周りの人を幸せにしながら、自らの夢に近づくヒントを見つけていきます。作品を見る方々においても、自分の夢を見つけ、夢への第一歩を踏み出せるようになることを期待しています。
 

◆「女子高生と魔法のノート」のオーディオブック配信開始
『女子高生と魔法のノート』のオーディオブックが【audiobook.jp】にて配信開始いたしました。
【audiobook.jp】サイトにて、1分間の視聴もできますので、ぜひお聴きください。

『女子高生と魔法のノート 前編』
https://audiobook.jp/product/262853
 
『女子高生と魔法のノート 後編』
https://audiobook.jp/product/262854

◆関連企業
制作プロジェクト管理:特定非営利活動法人LEGIKA
アニメ制作:株式会社ノーヴォ

◆関連サイト
▼マンガ・アニメ版『女子高生と魔法のノート』公式ページ
https://mahou-no-note.wakasa.jp/

▼『女子高生と魔法のノート』公式Twitter
https://twitter.com/mahounonote

コメント

タイトルとURLをコピーしました