江古田のガールズ十三周年記念は、稲川淳二原作『稲川怪談』を伊崎龍次郎・健人・山内優花ら豪華キャストにより舞台化!カンフェティにてチケット発売

江古田のガールズ十三周年記念 特別公演 演劇版「稲川怪談」が2022年9月27日(火)~10月2日(日)にTheater Mixa(東京都豊島区)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて7月29日(金)より発売開始です。
カンフェティにて7月29日(金) 18:00よりチケット発売予定!
https://www.confetti-web.com/inagawa-kaidan2022

公式ホームページ
https://www.ekoda-no-girls.com/

公式Twitter
https://twitter.com/ekoda_no_girls
 

 

 

【稲川淳二氏コメント】
皆さん、お元気ですか。稲川淳二です。
劇団江古田のガールズ十三周年おめでとうございます。
その記念公演というのが『稲川怪談』ということで感動しております。
どんな作品になるのか楽しみです。
演出・脚本が山崎洋平さん、山ちゃん。あなたの才能に期待しています。
皆様是非、お越し下さい。
                                            稲川淳二

【あらすじ】
雷雨の夜。あるサークルの合宿にやって来た五人の男女が、まだ来ぬ二人を待ちながら怪談話をしている。あんな話、こんな話。男女は怖がりつつも楽しい時間を過ごしていた。そこへようやく現れる二人。「待ってたよ」「雨大丈夫だった?」などと、二人を迎え入れる男女。……と、男女の内の一人にある電話が掛かって来た。その電話の内容はとても信じられず、そしてとても怖ーいものだった。
 

  • 公演概要
江古田のガールズ十三周年記念 特別公演 演劇版「稲川怪談」

公演日:2022年9月27日(火)~10月2日(日)
会場:Theater Mixa(東京都豊島区東池袋1-14-3 Mixalive TOKYO 6F)
 

■出演者

伊崎龍次郎

代表作:ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 神尾アキラ役
MANKAI STAGE 『A3!』シリーズ 飛鳥晴翔役
舞台『刀剣乱舞』シリーズ 獅子王役

健人

代表作:舞台『刀剣乱舞』 鶴丸国永役
舞台『どろろ』 賽の目の三太郎役
舞台『天才てれびくん the STAGE』シリーズ第二弾 モリノ役

山内優花

代表作:歌劇『桜蘭高校ホスト部』 藤岡ハルヒ役
ミュージカル『少女革命ウテナ』シリーズ 姫宮アンシー役
ブロードウェイミュージカル『ピーター・パン』 トートルズ役

真心
 

塚原直彦

大西一希

角島美緒

佐野 剛(江古田のガールズ)

カトウクリス(江古田のガールズ)

山田瑞紀(江古田のガールズ)

桑田佳澄(江古田のガールズ)

高瀬あい(江古田のガールズ)

※稲川淳二さんはご出演致しません。

■スタッフ
原作:稲川淳二(「稲川怪談 昭和・平成傑作選」講談社刊)
​脚本そして演出:山崎洋平(江古田のガールズ)

企画と製作:演劇版「稲川怪談」製作委員会

■タイムテーブル
9月27日(火):14:00(A)/19:00(B)
9月28日(水):14:00(C)/19:00(A)
9月29日(木):19:00(C)
9月30日(金):14:00(B)/19:00(A)
10月1日(土):13:00(B)/18:00(C)★昼夜配信公演あり
10月2日(日):12:00(A)/16:30(B)
※(A〜C)は特典付きS席チケットについてくる特典映像の種類となります。

■チケット料金
前売券
・特典付きS席(1階席):8,200円(税込)
※特典内容:公演のメイキング映像
公演ごとに特典映像が異なりますのでご注意ください。(A〜Cの全3パターン)
・S席(1階席):6,800円(税込)
・A席:4,800円(税込)

当日券
・特典付きS席(1階席):8,400円(税込)
※特典内容:公演のメイキング映像
公演ごとに特典映像が異なりますのでご注意ください。(A〜Cの全3パターン)
・S席(1階席):7,000円(税込)
・A席:5,000円(税込)

■団体概要
江古田のガールズ
2008年、日本大学藝術学部演劇学科在学中の山崎洋平が
「楽しくて面白くて分かり易い娯楽(エンタテインメント)作品」の上演を目指して、一人で結成。

信念・理念は、
1. ゲストにお楽しみ頂き、お元気になって頂くこと。
2. 完全無欠の娯楽を目指す。
3. 史上最大のサービス精神を目指す。
4. 祭。
5. 極端。

主に「ウェルメイド的な構成力」「ジャズ的な会話力」と「日常から数cm離れたくらいのリアリティー」を基礎・基盤としたオーソドックスでシンプルなストレート・プレイを上演しているが、音楽性の強い「似非ミュージカル」や宴会芸性の強い「豪華絢爛ショー」等々を上演する場合もある。
即ち、エネルギッシュでパワフルな「娯楽(エンタテインメント)」であればなんでもありなのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました