株式会社フラッグの社外取締役に17LIVEグローバルCEO小野裕史氏が就任

デジタルマーケティングの総合プロデュースを担う株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:久保浩章、以下、当社)は、社外取締役に小野裕史(おの・ひろふみ)氏が就任したことをお知らせいたします。

 
■就任の背景
当社は映画・エンタメ業界を中心に、ソーシャルメディアマーケティングやインターネット広告、クリエイティブ制作などの分野で様々な企業のデジタルマーケティングを支援してきました。
また昨今はそれらの知見を活かしたIP事業を開始し、トークバラエティ番組『有田と週刊プロレスと』などの自社IPの企画・製作や、劇場用映画の買付・配給・宣伝プロデュース事業を展開。2022年10月28日(金)には初の日仏国際共同製作・配給作品となる『シャイニー・シュリンプス!世界に羽ばたけ』の公開も控えるなど、事業領域を拡大しています。
近年、デジタルマーケティング市場が拡大傾向の中、当社もさらなる成長を加速させるため、小野裕史氏に社外取締役として参画いただきます。日本を代表するベンチャーキャピタリスト・シリアルアントレプレナーとしての小野氏の豊富な知見や経験を経営に活かし、一層の事業成長を目指してまいります。
 

■小野裕史氏 コメント
フラッグ社は映画をはじめ、エンターテインメントコンテンツのデジタルマーケティング分野において強い実績があり、独自のIP開発も行い、非常にユニークなポジショニングの会社と考えております。
今後さらに拡大するデジタルエンターテインメントの未来を、一緒に開拓していくことを楽しみにしております。
 
■プロフィール
小野裕史(おの・ひろふみ)

17LIVE株式会社 代表取締役/Global CEO, 17LIVE inc.
1974年生まれ、札幌出身。 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻修了。 大学院生時代より、個人でモバイルメディアを複数プロデュースする。2000年より株式会社シーエー・モバイルの第一号社員として創業を率い、2008年専務取締役を退任し独立。同年インフィニティ・ベンチャーズ(現:Headline Asia)を設立。日本と中華圏でベンチャー投資を行いながら、自ら起業家としてサンシャイン牧場のRekoo Japan、ジモティー、グルーポン・ジャパン、Farfetch Japanなどの創業を率いた投資家兼シリアルアントレプレナー。また、国内最大級のベンチャー経営者カンファレンスである「Infinity Ventures Summit」を12年にわたって主催。2017年、ライブ配信アプリ「17LIVE」を運営するM17グループ(現:17LIVE inc.)の日本法人である株式会社17 Media Japan(現:17LIVE株式会社)を設立、代表取締役を兼務。2020年9月より専任としてM17 Entertainment Limited(現:17LIVE inc.)のグローバルCEOに就任。

株式会社フラッグについて

【会社概要】
会社名: 株式会社フラッグ
所在地: 〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F
代表者: 久保浩章
設 立: 2004年1月 
URL : https://www.flag-pictures.co.jp/

事業内容:
■プロモーション事業​​(ソーシャルメディアマーケティング​/インターネット広告/パブリシティ​)
■コンテンツ制作事業​​(映像制作/ライブ配信/Web制作/インタラクティブコンテンツ​制作)
■グローバルプロダクション事業​
■映画配給宣伝事業​(買付/配給/宣伝プロデュース)
■コンテンツビジネス開発事業​​
■スポーツビジネス開発事業​​
■教育事業​​ ニューシネマワークショップ(NCW)​

コメント

タイトルとURLをコピーしました