戦後の博多で逞しく生きる庶民たちのドラマを描く トム・プロジェクト『エル・スール ~わが心の博多、そして西鉄ライオンズ~』上演決定 カンフェティでチケット発売

トム・プロジェクト(東京都渋谷区)主催、トム・プロジェクト プロデュース『エル・スール ~わが心の博多、そして西鉄ライオンズ~』が2022年9月21日 (水) ~2022年9月25日 (日)に俳優座劇場(東京都港区六本木4-9-2)にて上演されます。
チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて7月22日(金)19:00より発売開始です。

カンフェティにて7月22日(金)19:00よりチケット発売開始
http://confetti-web.com/El-sur

公式ホームページ
https://www.tomproject.com/peformance/-elsur22.html
 

昭和30年代の九州博多。
石炭景気、映画、そして西鉄ライオンズ――
戦後の焼け跡の中から、博多の町が生み出す明るさの中で、庶民は逞しく生きていた。
末広長屋に住む一家にもいろんなドラマが刻まれていく

Introduction
おい、ツクツクボウシ…
この先にガラの原っぱって呼ばれるとこがあったとぞ…
そこにも沢山、朝顔が咲いとった… 銭湯の左っちょにあった夢の広場たい…
石炭ガラを捨てて出来上がった広場…
あン頃の子供は皆、ライオンズの選手になりたくて、野球ばっかしよった…
不細工なバット、お手製のグローブ…
銭湯に行ったら、24番と3番の下足箱が取り合いになった…
24番は稲尾の背番号たい… 3番は大下、青バットの大下…

末広長屋… 戦後焼け跡のバラック小屋がそンまんま残った長屋…
生きとるっち、匂いが充満しとった…
強烈で生臭かったぁ~
 

  • トム・プロジェクト

平成元年10月、有限会社岡田企画を創立。
平成4年6月、演劇、音楽など舞台芸術の企画制作を目的に、プロデューサー森康次等と共に
岡田企画を改め「トム・プロジェクト有限会社」を創立。
以降、旬の作家、俳優を起用し毎年2,3本の創作劇を中心にプロデュース公演を企画制作。全国ツアーを展開している。
平成9年~次代を背負う若き演劇人発掘のため、オーディション選抜の「新人公演」を制作。
また平成12年からは海外公演も積極的に取組み、文化交流を進めている。
平成10年よりプロダクション部門を開設。
平成14年6月、トム・プロジェクト株式会社に法人変更。
また、これまでの実績と、平成20年度の活動実績に対し、第43回紀伊國屋演劇賞 団体賞を受賞。
 

  • 公演概要

トム・プロジェクト プロデュース『エル・スール ~わが心の博多、そして西鉄ライオンズ~』
公演期間:2022年9月21日 (水) ~2022年9月25日 (日)
会場:俳優座劇場(東京都港区六本木4-9-2)

作・演出:東憲司

■出演者
たかお鷹 / 藤吉久美子 / 森川由樹 / 斉藤美友季 / 清水伸

■スタッフ
美術:ヨネクラカオリ
美術協力:中川香純
照明:Jimmy
音響:半田充(MMS)
音響操作:株式会社エディスグローヴ
衣装:竹原典子
映像:中塚健仁
演出助手:作井麻衣子
舞台監督:川井誠也
宣伝写真:ノザワトシアキ 塩谷安弘
宣伝美術:立川明
宣伝ヘアメイク:菅野典子
プロデューサー:岡田潔
企画制作:トム・プロジェクト

【協力】
文学座 青年座 JFCT 劇団桟敷童子
(株)フリーウェイ マハロ NPO法人 座・アルテ アートワン

■公演スケジュール
9月21日(水) 19:00
9月22日(木) 14:00
9月23日(金・祝) 14:00
9月24日(土) 14:00
9月25日(日) 14:00
◎開場は開演の45分前
◎開演時間に遅れますと指定のお席にご案内できない場合がございます。予めご了承下さい。

■チケット料金
一般前売:5,500円
当日:6,000円 ※カンフェティ取扱なし
U-25(25歳以下):3,000円 ※カンフェティ取扱なし
シニア(60歳以上):5,000円 ※カンフェティ取扱なし
※U-25・シニア券はトム・プロジェクトのみで販売。要身分証明書。前売当日とも同料金
(全席指定・税込)

◎未就学児童の入場不可
◎車椅子をご利用の方は事前に下記お問合せ先までご連絡をお願いいたします。

【お問い合わせ】
トム・プロジェクト TEL 03-5371-1153(平日10:00~18:00)
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました