山本芳樹によるソロミュージカル・待望の再再演!Yoshiki Yamamoto Solo Musical『ロートレック』10/26より開幕 9/10よりカンフェティにてチケット発売

Yoshiki Yamamoto Solo Musical『ロートレック』が2022年10月26日 (水) ~ 10月30日 (日)にウエストエンドスタジオ(東京都中野区)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて9月10日(土)より発売開始です。
カンフェティで9月10日(土)10:00よりチケット発売開始
http://confetti-web.com/lautrec2022

公式ホームページ
https://yylautrec.com/

山本芳樹によるソロミュージカル!

元劇団四季の沢木順氏が《日本の話芸とブロードウエイミュージカルの融合》によるソロミュージカルとして2009年から2012 年まで上演を続けた『ロートレック』。ロートレック自身はもとより、彼の両親、愛した女性、娼婦など、ひとりで十数役を20曲以上の歌と語りで演じる本作は、2011年にはエジンバラ国際演劇祭で上演され高く評価された。これを沢木氏のオファーにより山本芳樹が受け継ぎ2017年に初演、2020年には自らが主催者となり再演。今回が再再演となる。生バンドに新たにヴァイオリンを加え、さらに深化した『ロートレック』にどうぞご期待ください。

【あらすじ】
19世紀末のパリ・モンマルトル
世紀末のパリは、激動の時代
先が見えない混沌とした退廃ムードの中芸術活動には新しい風が吹いていた

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
モンマルトルにオープンした巨大エンターテインメント
『ムーラン・ルージュ』のポスターで一躍注目を浴びた画家

彼の作風は、古典的な伝統芸術を否定しながらも
同時代の印象派とも異なる独特のものゆえに19世末を代表する画家として評価されている

しかし、彼が生きている間は、印象派の画家たち同様権威的な美術界で正当な評価は得られなかった
ロートレックはフランスきっての名門伯爵家の嫡男に生まれたものの
生まれつき虚弱体質で足に障害があり発育不全の小人症というハンデを持ったことから
父親の望んだ立派な跡継ぎにはなれず、大衆文化に染まった画家の道を選び
ついに父とは心通わせることがなかった

モンマルトルを活動の拠点としたロートレックは
キャバレーの踊り子や 歌手、そして娼婦といった女達を描き続けた
ロートレックが好んでモデルにした女達は社会的弱者であり
不幸な生い立ち、挫折、絶望を抱えたロートレックの心に寄り添う人々であった

芸術のために放蕩生活を謳歌した彼の人生であったが
やがてアル中、神経障害、そして梅毒が彼の肉体と精神を蝕み、36歳と10か月という短い一生を閉じる

激動の世紀末を生きた壮絶な生き様
だが、最後まで、彼は絵筆を離さなかった
彼が最後まで絵を描くことにこだわり執着した理由は!?
 

  • 公演概要

Yoshiki Yamamoto Solo Musical『ロートレック』
公演日:10月26日 (水) ~ 10月30日 (日)
会場:ウエストエンドスタジオ(東京都中野区新井5-1-1)

■出演者
出演: 山本芳樹
演奏: 後藤浩明(Piano) / 藤田奏(Bass) / 前川維旺利(Drums) / 五十嵐歩美(Violin)

■スタッフ
企画・原案: 沢木順 / 脚本・作詞: さらだたまこ / 作曲: 玉麻尚一 / 演出・出演: 山本芳樹 / 舞台美術: 竹邊奈津子 / 音響・映像: 川西秀一 / 照明: 山﨑佳代 / 舞台監督: 倉本徹 / チラシデザイン: 及川健 / 舞台写真: 宮坂浩見 / 鑑賞サポート: 舞台ナビLAMP / 制作: 松田絵麻 / 主催: プティビジュー

■タイムテーブル
10月26日(水)19:00
10月27日(木)14:00 ※D・視
10月27日(木)19:00 ※L
10月28日(金)19:00 ※字
10月29日(土)14:00 ※視
10月29日(土)18:00 ※字
10月30日(日)14:00

D=DVD収録あり L=ライブ配信あり
視=視覚障害者向け鑑賞サポートあり 字=タブレット型字幕サポートあり

※開場は、開演の30分前
※上演時間95分(一幕40分/休憩/二幕40分)

■チケット料金
全席自由:5,500円
(入場整理番号付き自由席・税込)
※未就学児入場不可

コメント

タイトルとURLをコピーしました