名古屋で、岐阜で、殺人事件!美女探偵が真犯人に迫る!フリーマガジンから生まれた小説『女子大小路の名探偵』をミステリーの旗手、秦建日子脚本で映画化!

メ~テレ(名古屋テレビ放送株式会社)と株式会社中広(本社:岐阜市・名古屋市)は、人気作家 秦建日子 原作・脚本による映画『女子大小路の名探偵』を2023年公開する運びとなりました。

原作『女子大小路の名探偵』 (秦建日子著・河出書房新社)原作『女子大小路の名探偵』 (秦建日子著・河出書房新社)

 株式会社中広が発行するフリーマガジン 地域みっちゃく生活情報誌(R)『NAGOYA FURIMO』『GiFUTO』『たんとんくらぶ』で長期連載し、2021年9月に書籍化され女子大小路名探偵(秦建日子著・河出書房新社)がこのメ~テレ60周年映画として映像化されることになりました。
本作は名古屋と岐阜を舞台にした小説で、ひょんなことから事件に巻き込まれた主人公の姉弟が地元愛溢れる仲間たちの助けを借りて真犯人に迫る痛快ミステリーです。
著者は、大ヒット『アンフェア』<刑事 雪平夏見>シリーズや映画化で話題となった『サイレント・トーキョー』の秦建日子です。作家として数多くの実績を残し、なかでも、ミステリー作品では、奇想天外な展開で読む者の心を掴みます。本映画化作品では、卓越した感性を生かし、脚本も務めます。
撮影ではタイトルにも登場する名古屋の繁華街「女子大小路」や、岐阜の繁華街「柳ケ瀬」を舞台に、街の魅力も交えながら映像化にあたります。
 

原作・脚本 秦建日子原作・脚本 秦建日子

原作女子大小路の名探偵」とは 
人並以上の美貌と腕っ節を持ち、岐阜の柳ケ瀬でホステスとして働く広中美桜は、絶縁していた弟の広中大夏がひょんなことから「連続殺害事件」の容疑者となってしまったことを知る。
弟のことが嫌いな美桜だったが、疑いを晴らすべく自ら事件の解決に乗り出すことに。
水素を研究する大学教授・畦地弦一郎、
自称“名古屋で最も優秀な”弁護士・望月康介、
警視庁から出向中の敏腕刑事・緒賀冬巳、
そして、タペンスへ来る謎の常連客・ヤマモト・・・・・・
様々な人間関係と思惑が絡み合いながら、その繋がりの先に見えてきた驚愕の真相とは?
個性派揃いのキャラクターとともに、卑劣な連続犯罪に立ち向かう痛快ミステリー。
最後まで息を抜けないスリリングな展開、
個性あふれる登場人物たちの絶妙な掛け合いが楽しめる秀作です。

メ~テレ60周年 映画『女子大小路の名探偵』 概要
作品名: メ~テレ60周年『女子大小路の名探偵』
公 開: 2023年 劇場公開予定
原 作:「女子大小路の名探偵」(秦建日子著・河出書房新社)
脚 本:秦建日子(『アンフェア』<刑事 雪平夏見>シリーズなど)
監 督: 平林克理(『ペンギン夫婦の作りかた』等)
出 演: 主演ほかキャストは後日発表
製 作: 映画『女子大小路の名探偵』製作委員会
©2023映画『女子大小路の名探偵』製作委員会
映画公式ホームページURL:https://jyoshidaikoji-meitantei.com

【 名古屋テレビ放送
開局60周年の記念として、地域に貢献したい想いから東海地方を舞台とした小説の映画化を決定。映像作品を通した地域の魅力発信と活性化を目指す。

社名:名古屋テレビ放送株式会社
本社所在地:名古屋市中区橘2-10-1
設立年月日:1961年9月6日
事業内容:愛知県・岐阜県・三重県を対象にしたテレビ放送事業。加えて、地上波放送に限らない映像作品の製作やWebメディア事業なども行う。

株式会社中広
著者の秦建日子氏とタッグを組み『女子大小路の名探偵』を「エンタメとして地域の魅力が詰まった作品を作りたい」と企画。自社が名古屋市・岐阜市・各務原市で発行する情報誌で連載小説として発表。

社名:株式会社中広(東証・名証: 2139 )
本社所在地:岐阜本社/岐阜県岐阜市東興町27番地
      名古屋本社/愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1番1号JPタワー名古屋24階
設立年月日:1978年5月1日
事業内容:地域に特化した、各戸配布型フリーマガジンHAPPYMEDIA®『地域みっちゃく生活情報
誌®』ブランドを全国29道府県134誌10,254,178部展開。また、これらを軸とした
セールスプロモーションを手掛ける総合広告代理店。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました