松下洸平、白洲迅、木下晴香ら出演の音楽劇「夜来香ラプソディ」!9月25日にテレビ初放送!CS衛星劇場

CS放送局「衛星劇場」では、今年3月に東京のBunkamuraシアターコクーンほかで上演された音楽劇「夜来香ラプソディ」を9月25日(日)にテレビ初放送します。
本作は、第二次世界大戦末期の上海を舞台に、「蘇州夜曲」や「別れのブルース」などを作曲した新進気鋭の作曲家・服部良一(松下洸平)を中心に、「夜来香」の作曲家・黎錦光(れいきんこう=白洲迅)や、絶世の歌姫・李香蘭(りこうらん=木下晴香)など様々な人々が音楽を通じて絆を結び、人種やイデオロギーの壁を乗り越えコンサートを開催しようとした、葛藤と夢を描くドラマティックな群像劇です。
同じく上海を舞台にし、2017年に上演された音楽劇「魔都夜曲」に続き、演出を河原雅彦が、音楽を本間昭光が担当しました。今回の放送では本編終了後に、松下洸平のインタビューも放送するのでお見逃しなく!

cube 25th presents 音楽劇「夜来香ラプソディ」cube 25th presents 音楽劇「夜来香ラプソディ」

cube 25th presents 音楽劇「夜来香ラプソディ」
★CS衛星劇場にて、2022年9月25日(日)午後5:30~8:45 テレビ初放送!

2022年3月12日~3月27日/東京・Bunkamuraシアターコクーンほか
[作]入江おろぱ [演出]河原雅彦 [音楽]本間昭光
[出演]
松下洸平、白洲 迅、木下晴香、壮 一帆、上山竜治、夢咲ねね、仙名彩世、
前田悟、森下じんせい、川原田樹、神谷直樹、吉岡麻由子、遠藤令、松崎莉沙、
岩橋大、長南洸生、村上貴亮、木村風太、川崎愛香里、川原琴響、
山内圭哉、山西惇
 

 

撮影:桜井隆幸撮影:桜井隆幸

二次世界大戦末期、租界という治外法権が存在し“魔都”とも称された都市・上海を舞台に、「蘇州夜曲」や「別れのブルース」などを作曲した新進気鋭の作曲家・服部良一(松下洸平)を中心に、「夜来香」の作曲家・黎錦光(れいきんこう=白洲迅)や、絶世の歌姫・李香蘭(りこうらん=木下晴香)など様々な人々が音楽を通じて絆を結び、人種やイデオロギーの壁を乗り越えコンサートを開催しようとした、葛藤と夢を描くドラマティックな群像劇。

演出は、華やかさの中に毒を含む独特な演出で多彩な作品を生み出し、演劇ファンの信頼も厚い演出家・河原雅彦が、2017年に上演した音楽劇「魔都夜曲」に続き、上海歴史劇に挑む。音楽もまた「魔都夜曲」に続き、J-POP屈指のプロデューサー・作曲家の本間昭光が担当し、至極の服部メロディーをはじめ、オリジナル曲も加えた、エンターテイメント性豊かな日本オリジナルの音楽劇を誕生させている。
キャストには、松下洸平、白洲迅、木下晴香、山西惇、山内圭哉、壮一帆、上山竜治、夢咲ねね、仙名彩世といった、映像、ミュージカル、ストレートプレイ、様々な分野で活躍する華やかさと実力を兼ね備えたキャストが一堂に会した。
 

撮影:桜井隆幸撮影:桜井隆幸

【ストーリー】
1945年、日本で人気作家であった服部良一は軍から招集を受け、上海に渡っていた。そこでは、中国人作曲家・黎錦光や人気女優で歌手でもある李香蘭と知り合い、ついには、とある人物の計らいで彼らを中心に人種や思想を超えた人々が集まり、大規模な西洋式コンサートを開催する計画が持ち上がる。しかし、そのコンサートの実現には、日本軍や中国国内の政治勢力、また上海の裏社会の思惑が絡み合い、多くの困難が待ち受けていたのだった。

★本編終了後には松下洸平のインタビューも放送!

 

撮影:桜井隆幸撮影:桜井隆幸

撮影:桜井隆幸撮影:桜井隆幸

撮影:桜井隆幸撮影:桜井隆幸

撮影:桜井隆幸撮影:桜井隆幸

★9月は他にも松下洸平出演作を放送!
9月3日(土) 後8:15~ 音楽劇「リタルダンド」
9月10日(土)後7:00~ KERA CROSS第三弾「カメレオンズ・リップ」
9月25日(日) 後2:30~ cube 20th. presents 音楽劇『魔都夜曲』

★音楽劇「夜来香ラプソディ」詳細はこちら
https://www.eigeki.com/series/S74096

★音楽劇「夜来香ラプソディ」予告動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=YlvvP0ReurE

★CS衛星劇場ご視聴はこちらから
https://www.eigeki.com/page/howto

★ご視聴に関するお問い合わせはこちら
衛星劇場カスタマーセンター:
0570-001-444
※受付時間10:00~20:00(年中無休)
IP電話のお客様は 03-6741-7535

コメント

タイトルとURLをコピーしました