武闘派&知性派ホステスが殺人事件に迫る! 『女子大小路の名探偵』ニュータイプのヒロインに本仮屋ユイカが決定!

メ~テレ(名古屋テレビ放送株式会社)と株式会社中広(本社:岐阜市・名古屋市)が映像化する『女子大小路の名探偵』の主演が本仮屋ユイカさんに決定しました。

 

Ⓒ『女子大小路の名探偵』製作委員会Ⓒ『女子大小路の名探偵』製作委員会

本作は小説『女子大小路の名探偵』(秦建日子著・河出書房新社刊、株式会社中広が発行するフリーマガジン 地域みっちゃく生活情報誌(R)『NAGOYA FURIMO』『GiFUTO』『たんとんくらぶ』での長期連載を2021年9月に書籍化)を原作とした、ひょんなことから事件に巻き込まれた主人公の姉弟が、名古屋や岐阜の仲間たちの助けを借りて真犯人に迫る痛快ミステリーです。

この度、主人公の姉・広中美桜を本仮屋ユイカさんが演じることが決定しました。美桜は圧倒的な美貌を持ちながらも喧嘩っ早い、岐阜の柳ケ瀬で働くホステス。本仮屋さんが演じる個性溢れるキャラクターにご注目ください。

【主演・本仮屋ユイカのコメント】

ⒸスターダストプロモーションⒸスターダストプロモーション

Q.『女子大小路の名探偵』主演決定時のお気持ちを教えてください

映画単独主演は、今回初めてで大変光栄だと感じました。また監督をされるのがドラマ「片恋グルメ日記」シリーズで私の全てを出し尽くせるように導いて下さった平林監督とお聞きし、夢のようなお話だと感激しました。

Q.『女子大小路の名探偵』小説のご感想を教えてください

以前妹が東海地方でアナウンサーをしていたこともあり、月に一度は名古屋を訪れていたので、懐かしく楽しい思いで読みました。 広中美桜という女性がとても魅力的で、自分が演じさせて頂けるんだという嬉しさと同時に、どのように魅力的なキャラクターを体現できるかプレッシャーも感じました。

Q.今後の撮影中、どんなことを楽しみたいという期待がありますか

名古屋は私の大好きなシンガポール料理屋さんがあり、そこのソフトシェルクラブは日本で一番美味しいと思ってます!撮影の合間に、そのお店に行くことを密かに楽しみにしています。

【メ~テレ60周年 映画『女子大小路の名探偵』 概要】

作品名: メ~テレ60周年『女子大小路の名探偵』
公 開: 2023年 劇場公開予定
原 作:「女子大小路の名探偵」(秦建日子著・河出書房新社)
脚 本:秦建日子(『アンフェア』<刑事 雪平夏見>シリーズなど)
監 督: 平林克理(『ペンギン夫婦の作りかた』等)
出 演: 主演 本仮屋ユイカ ほかキャストは後日発表
製 作: 映画『女子大小路の名探偵』製作委員会
    ©2023映画『女子大小路の名探偵』製作委員会
映画公式ホームページURL:https://jyoshidaikoji-meitantei.com

出演者プロフィール

・本仮屋ユイカ
1987年9月8日生まれ 東京都出身
10歳で子役としてデビュー以降、TBS『3年B組金八先生第6シリーズ』やTBS『世界の中心で、愛を叫ぶ』に出演し注目を浴びる。NHK連続テレビ小説「ファイト」ではヒロインを演じ、その後TBS系「王様のブランチ」で司会を務めるなど、多数のドラマや映画、バラエティ番組に出演。
近年の出演作は主演を務めたテレビ東京系『私の夫は冷凍庫に眠っている』や、話題を呼んだテレビ朝日系『愛しい嘘~優しい闇~』など。近年ではラジオパーソナリティーとしても活動し、また、2021年より「ゆいか」名義で歌手活動もスタートさせている。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました