大手町・丸の内・有楽町エリアを起点にサステナブルなアクションを 「大丸有SDGs映画祭2022」 8月30日より開幕

三菱地所株式会社、農林中央金庫、株式会社日本経済新聞社、株式会社日経BP等で構成される大丸有SDGs ACT5実行委員会は、今年度も大手町・丸の内・有楽町エリア(以下、「大丸有エリア」)を起点に、企業の枠を超えてSDGs活動を推進する「大丸有SDGs ACT5」を5月9日より約7か月間をコア期間として開催しております。そのシンボルイベントとして、SDGsに通じるテーマの映画作品を集めた「大丸有SDGs映画祭2022」を8月30日(火)~9月22日(木)に開催いたします。
  • 「大丸有SDGs映画祭2022」の特徴

・世界の情勢を知るきっかけづくりとして、「難民」をテーマにした2作品を上映。オープニングイベントとなる『ソニータ』上映後のトークショーにはUNHCR親善大使のMIYAVI氏と国連UNHCR協会報道ディレクターの長野智子氏をゲストに迎え、”世界の今”を考える
・「大丸有SDGs映画祭」では初となる屋外上映会として、昨年7月にオープンしたTOKYO TORCH Parkでも開催
・フィナーレは東京国際フォーラムを会場に、アカデミー賞3部門受賞した話題作『コーダ あいのうた』を上映 
・3回参加のラリー特典として「エコファニ」のリユース家具等がもらえるキャンペーンも併せて実施予定※
 
「大丸有SDGs映画祭2022」は、多くの人に親しみのある映画を切り口として、様々な社会課題に触れながら、その渦中にいる人たちのリアルな「顔」、「声」、「想い」に触れてもらう場を提供することを目的としています。昨年度は気候変動やフードロスをテーマとした全17作品を各回トークショー付きで上映し、約420名にご参加いただきました。
3年目となる本年は、アフガニスタンからイランへ逃れてきた難民の少女ソニータが、結納金を目的にした強制結婚への怒りと、自由への願いをラップにこめて歌うドキュメンタリー『ソニータ』、スーダン内戦で両親や家を奪われた“ロストボーイズ”と、彼らの新しい人生を支えた職業紹介所の女性との物語『グッド・ライ』など、世界の情勢を意識し自分事として考えるきっかけとなるような、難民問題を取り扱った映画もラインナップしています。

本映画祭は、丸ビルや東京国際フォーラムのホールだけでなく、3×3Lab Futureのようなコワーキング施設や、昨年オープンしたTOKYO TORCH Parkでの屋外上映まで、まちの様々な場所を会場とします。また映画上映後には昨年同様に、作品が取り上げる課題の現場に関わられているゲストを迎えたトークショーを実施します。さらに本年は期間内3回参加で「エコファニ」のリユース家具等がもらえるプレゼントキャンペーンも併せて実施※します。
本映画祭が、社会課題をより深く理解し、SDGs達成に向け個人の行動が変化するきっかけとなることを目指します。​

 

 

 

 

 

 

  • 「大丸有SDGs映画祭」 開催概要

■名称 「大丸有SDGs映画祭2022」

■主催 大丸有SDGs ACT5実行委員会

■会期 2022年8月30日(火)~9月22日(木)

■協力 ユナイテッドピープル株式会社

■後援 国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所、特定非営利活動法人 国連UNHCR協会

■大丸有SDGs映画祭2022総合プロデューサー 井上 成(大丸有SDGs ACT5実行委員会 運営委員長、三菱地所株式会社エリアマネジメント企画部担当部長)

■大丸有SDGs映画祭2022アンバサダー アーヤ 藍 (映画キュレーター)

■会場 大丸有エリア内の全6か所のスペース

■上映作品 長編全10作品を上映
                  ◇自分と異なる他者への想像力を育む
                     『ゲイビー・ベイビー』、『グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~』、『蹴る』
                  ◇大切なモノを守るために闘う人たちと出会う
                     『たねと私の旅』、『ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇』、『ソニータ』
                  ◇不可能をカタチにした挑戦に触れる
                     『コペンハーゲンに山を』、『グランド・ジャーニー』
                  ◇スペシャル上映
                     『グレイテスト・ショーマン』、『コーダ あいのうた』

■日程・登壇ゲスト

■上映スケジュール  公式サイトをご確認ください。(公式サイト:https://act-5.jp/act/2022film/

■参加申込方法   ※鑑賞チケットは有料(1,000円)です。
                       ※障がい者手帳をお持ちの方:500円(付添の方も1名まで500円)
                       詳細は公式サイトをご参照ください。(公式サイト:https://act-5.jp/act/2022film/

■新型コロナウイルス対応策について
会場入場時の体温検査や、鑑賞参加を事前予約制にして万一の場合にもトレースできるようにするなど、感染予防については入念な体制を整えて実施いたします。尚、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によって、販売座席数を制限する場合がございます。予めご了承ください。

  • 大丸有SDGs ACT5実行委員会とは

大丸有エリアに拠点を置く企業が集まり、SDGs目標期限2030年の10年前にあたる2020年5月に発足しました。大丸有エリアを起点として、企業が主体となって取り組むことで、企業間連携によるSDGs活動の相乗効果を検証し、SDGs モデル都市の構築を目指す「大丸有SDGsACT5」を推進する組織です。2022年は「サステナブルフード」「環境」「WELL-BEING」「ダイバーシティ&インクルージョン」「コミュニケーション」の5つのACT(テーマ)を設定し、各アクションの実践、効果の検証、社会課題の構造的な問題を明らかにすることをミッションとしています。
大丸有SDGs ACT5公式サイト:https://act-5.jp
2022年度プレスリリース:https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec220427_ACT5.pdf

【実行委員会構成企業・団体】
三菱地所(委員長)、農林中央金庫(副委員長)、日本経済新聞社(副委員長)、
日経BP、大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、大丸有エリアマネジメント協会、
大丸有環境共生型まちづくり推進協会、丸の内熱供給、三菱総合研究所、東京国際フォーラム

 
※エコファニ等のプレゼントキャンペーンの詳細(対象となる品物等)は、決定次第、「大丸有SDGs映画祭2022」公式サイトにてご案内いたします。
公式サイト:https://act-5.jp/act/2022film/

<エコファニとは>
オフィスのレイアウト変更などで不要になったオフィス家具を企業から引き取り、検品・清掃のうえ、リユース家具として展示、法人・個人に販売するサービスです。また、オフィスに家具をセットした状態で賃借する「セットアップオフィス」への供用のほか、リユース家具のサブスクリプションサービスにも対応するなど、本サービスを通じて、フレキシブルなワークスタイルに対応する商品・サービスの拡充を具現化すると同時に、一定期間出荷に至らない商品は産業廃棄せずリユース&マテリアルリサイクルを実施するなど、「サステナブルな社会の実現」に貢献いたします。
エコファニ公式サイト:https://ecofurni-jp.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました